Everything But Nirvana: The Authentic Leadership Journey of a Japanese Buddhist, Shoukei MATSUMOTO

Visiting the temple of "No-funeral" policy

20130717.jpg

今日は一日、大阪へ。早朝に京都の家を出て、満員電車に揺られ、まずは應典院さんへ。
應典院はもはやお寺業界の人なら説明不要の、劇場型寺院。秋田住職の書かれた『葬式をしない寺』はおすすめです。
私たちの未来の住職塾の運営について、秋田住職からアドバイスをいただこうと、いろいろお話しを伺いました。
應典院さんの成り立ちについて改めて詳細を伺い、「公共性」「強力なリーダーシップ」「原宗教」「企業や大学との協業」などさまざまな視点が出ましたが、基本的には「未来の住職塾の今の路線はとてもいいと思うから、しばらくはそれをこつこつ続けていけばいいんじゃないか」ということで収まりました。秋田さんの應典院や高橋卓志さん(『寺よ、変われ』も良い本です)の神宮寺は寺院の成功事例として有名ですが、これからもっと若い世代でまだまだ見いだされていない事例を発掘したり育てていくことが、未来の住職塾の大事な使命ではないかと。ケース作りに励みたいと思います。

その後、今度は未来の住職塾の第一期京都クラス卒業生の、若林唯人さんのお寺である光照寺さんへ、同じく卒業生の渡邊弘範さんと一緒に訪ねました。お食事をいただきながら、お寺変革のプロセス、お寺でイベントをやる意味(そこに仏教はあるやなしや?)、僧侶は人にどこまで寄り添えるか、大乗菩薩道、仏教の翻訳作業、などなどいろんなことを話しました。やはり1年間いっしょに学びの場を共有した仲間との対話は、前置きなしに深いところまでいけるのがいいですね。とても楽しい時間を過ごしました。

---
Today I visited Outen-in temple in Osaka from Kyoto by crowded train.
Outen-in is very famous for its openness to public and policy of "No-funeral". Typical Japanese temple holds a lot of funeral ceremony but this temple doesn't. I talked to the Head priest rev. Akita and heard about the process of launching Outen-in. I would like to discover another good case of successful temples in the next generation.

After that, I visited Rev. Wakabayashi, a priest of Kosho-ji temple, who is an alumni of Jushoku-juku with another alum Rev. Watanabe. Since we have spent a whole year in studying management of temples, we are able to have deep discussion without preliminaries. It was a great meeting.
Tags: Category:


Shoukei MATSUMOTO
>>Profile Born in 1979 in Hokkaido, after the graduation from The University of Tokyo, Keisuke Matsumoto has worked in Komyoji Temple Tokyo for 7 years. As a head of Young Buddhist Association of Komyoji Temple, he launched new initiatives like Temple Cafe Project and Twilight Music Festival. After studying MBA in India, he is teaching "Temple Management" in Japan.